相続のことなら大阪府大阪市北区の『大阪相続支援室』へ。相続手続の専門家が相続登記 、遺産分割協議書作成、遺言書作成など相続の手続き全般をサポートします。

大阪の相続手続きの専門家

大阪相続支援室

運営:司法書士法人渡辺総合事務所
<大阪オフィス>〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5西天満大治ビル6階

受付時間

9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

お急ぎの手続きにも対応します

0120-958-896

相続人中に認知症の方がいる

相続人の中に認知症や精神障がい者がいるときは?

相続人の中に、脳梗塞で倒れて意識がない相続人がいます。
この場合に、ほかの相続人の間で、遺産分割の話し合いができるのでしょうか?

まず、遺産分割の話し合いは、相続人全員が関与して、話し合い(協議)をしなければなりません。

質問のように、精神上の障がいにより判断能力が欠く者は遺産分割協議が出来ませんので、その者を保護するため、法律的には、正式な代理人を定めなければなりません。

具体的には、家庭裁判所に成年後見人の選任の申し立てを行って、裁判所から選ばれた成年後見人を交えて
遺産分割協議を行う必要があります。

なお、成年後見人は本人の利益を損なうことはできませんので、遺産分割協議にあたっても、法定相続分を確保することが必要になります。したがって、本人の相続分をゼロとするような遺産分割協議は基本できません。

判断能力を欠く相続人がいる場合

まずはチェック!
判断能力を欠くとか衰えるって!?どういうこと・・
➡ 自分がおかれた状況を正しく認識し、適切な判断を下すことが難しい状態のことをいいます。例えば、認知症の方です。判断能力の程度によって、後見制度による保護や支援の方法が変わってきます。

ですので、
遺産分割協議をする場合には、協議をする相続人全員に判断能力が備わっている必要があります。
脳血管障害による意識障害などで精神上の障害が生じて、自分自身では日常的な買い物もできない状態でしたら、自分自身では遺産分割協議はできません。
家庭裁判所で成年後見開始の審判をしてもらい、その者の後見人を選任してもらう必要があります。

成年後見制度のご利用は、国家資格のある司法書士にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談内容は、相続手続きでしょうか?遺言のご相談でしょうか?
来所のご予約、または不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご予約・お問合せください。

お気軽にお電話ください

  • 相続の手続き、遺言の手続きを相談したい?
  • 無料相談を受けてたら、依頼をしないといけないのでしょうか?いえ、そのようなことはございません!
  • 無料相談時には、何をもっていったらよいでしょうか?
  • 事務所に行って、書類を見せながら相談したい
  • 土曜日は相談にいけますか?

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。
 

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

受付時間 : 9:00〜18:00 (土日祝日は除く)(予約面談は土曜日も可能です)
お急ぎの手続きにも対応いたします。
※フォームからのお問合せは平日も土日祝も24時間受け付けています。

お問合せ・ご相談予約は
こちら

non_036.jpg

お問合せ、ご予約は、電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

大阪など関西地域の方のみ

0120-958-896

完全無料相談 受付中!
受付時間 : 9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

お問合せ・ご相談予約フォーム

事務所紹介

司法書士法人
渡辺総合事務所

代表者 : 渡邉 善忠

代表者プロフィール

大阪オフィス

TEL :06-6363-8180

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満
2丁目8-5西天満大治ビル6階
アクセス:大阪市役所から、北へ200M

事務所概要・アクセス

お問合せ・ご相談フォーム

全国相続協会相続支援センター