相続のことなら大阪府大阪市北区の『大阪相続支援室』へ。相続手続の専門家が相続登記 、遺産分割協議書作成、遺言書作成など相続の手続き全般をサポートします。

大阪の相続手続きの専門家

大阪相続支援室

運営:司法書士法人渡辺総合事務所、渡辺行政書士事務所
<大阪オフィス>〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5西天満大治ビル6階

受付時間

9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

生命保険金を受け取ると相続できる財産が少なくなる?

生命保険金を受け取ると相続できる財産が少なくなる?

特別受益と生命保険金

生命保険金の原資は、被相続人である親から出捐されているとします。
親のお金で保険金がでているので、受取人である相続人がもらう生命保険金は相続財産ではないのか?との疑問が出てまいります。

この点は、「生命保険金は相続財産?」にも記載されていますように、ほとんどのケースで、相続財産ではなく、相続人固有の財産になるとされています。

ですので、相続人の一人が受け取った生命保険金は、当然には遺産分割協議の対象とはなりません。

実務の現場でも、次のようなご相談があります。

例えば・・

「父が生前妹の私を受取人とする生命保険をかけてくれていました。私が独身で心配だったのでしょう。
父が死亡して、私が生命保険金を受け取ったのですが、ほかの相続人である姉から、私の相続分からその生命保険金の分を差し引くといわれました。生命保険金を受け取った分って、相続財産から減らさせるのでしょうか?

回答としましたら
「そのような場合でも、相続財産が減らされることはありません。」

生命保険金は特別受益に該当しないのか?

次に、問題となりそうなことは、生命保険金は特別受益に該当しないのか?という点です。

生命保険金が相続財産でないとしても、被相続人の生命保険金を、相続人の誰か1人が相続した場合、ほかの相続人からすれば、不公平な取り扱いを受けたと思ってしまいます。

ですので、生命保険金を受領することが「特別受益」に該当するのか確認します。

まず、特別受益とは、特定の相続人が被相続人から受けた生前贈与などの特別な利益のことをいいます。

民法には、特別利益に該当するには、①遺贈と②婚姻もしくわ養子縁組のための贈与を
受けた場合、そして③生計の資本として贈与を受けた場合と規定されています(民法903条1項)。

民法903条1項の条文上は、生命保険金を特別受益と直接考えることはできません。
しかし、生命保険金の原資である保険料は被相続人が生前支払ったものであります。また、
被相続人の死亡により保険金請求権が発生することも考えると、相続人間に不公平感がでることも否定できません。

このような観点から、「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生じる
不公平が民法903条の趣旨に照らして到底是認できないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合」には、民法903条の類推適用により、生命保険金が特別受益に
準じて持戻しの対象となると考えられています。(最高裁平16.10.29決定)

お問合せ・ご相談はこちら

相続手続きについて、ご不明な点がございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

お気軽にご相談ください

  • 相続の手続き、何をそろえればいい?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 亡くなった祖父名義の土地、売却できる?
  • 借金が多いので相続を放棄したい
  • 遺言書って、公正証書遺言書?自筆の遺言書?
  • 事務所に行って、書類を見せながら相談したい

ささいな相談でも構いません。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間 : 9:00〜18:00 (土日祝日は除く)
※フォームからのお問合せは平日も土日祝も24時間受け付けています。

お問合せ・ご相談はこちら

non_036.jpg

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

大阪など関西地域の方のみ

0120-958-896

無料相談 受付中!
受付時間 : 9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

お問合せ・ご相談フォーム

事務所紹介

司法書士法人
渡辺総合事務所

代表者 : 渡邉 善忠

代表者プロフィール

大阪オフィス

TEL :06-6363-8180

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満
2丁目8-5西天満大治ビル6階
アクセス:大阪市役所から、北へ200M

事務所概要・アクセス

お問合せ・ご相談フォーム

全国相続協会相続支援センター