遺産相続のことなら大阪府大阪市北区の『相続・大阪相談所』までどうぞ。相続手続の専門家が、相続登記 (不動産登記)、遺産分割協議書作成、遺言書作成などの遺産問題を丁寧にサポートいたします。

相続・大阪相談所

主な業務対応地域:大阪・神戸・奈良などを中心に、全国の不動産対象

身近な人がなくなった後の、相続手続きから、生前のお元気なうちに対策する
遺言書作成などの遺産問題。また、成年後見や任意後見対策、死後事務委任契約また
民事信託など利用した財産管理契約のアドバイスまで幅広く対応いたします。

国家資格に基づくアドバイス:(登録済み国家資格)認定司法書士、行政書士
              (登録済み認定資格)民事信託士

運営:司法書士法人渡辺総合事務所、渡辺行政書士事務所

<大阪オフィス>〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5西天満大治ビル6階
 (TEL : 06-6363-8180)
<京都オフィス>〒603-8336 京都市北区大将軍一条町39番地 (TEL : 075-463-9446)

受付時間

9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

      (大阪)06-6363-8180    
 大阪市役所から、北へ200M
(京都)075-463-9446
  京都府立体育館、北へ150M
お気軽にお問合せください
関西地域(大阪、滋賀、神戸、奈良、三重など)にお住まいの方はコチラから

0120-958-896

相続放棄のQ&A

 父が亡くなりました。多少の財産はありますが、父は自営業をしていたので、借金もかなりあるかもしれません。
相続放棄をしたほうがいいですか?

場合によって異なります。財産や負債の確定を急ぎましょう!

 相続開始後3ヶ月以内(熟慮期間)に何もしなければ、プラス財産・マイナス財産(借金)を全て相続することになります。

・相続放棄とは、プラス財産・マイナス財産ともに相続しない。

・限定承認とは、プラス財産の限度でマイナス財産を返済すればいい。(ただし、限定承認は、相続人 全員で申し立てる必要があります。

至急、専門家も交えて対策を練りましょう!

夫が借金を残して亡くなりました。
その借金を支払わなくてはならないのですか?

夫が多額の借金を残して亡くなりました。相続人は、私と子ども二人ですが、私たちがその借金を支払わなくてはならないのですか?

「相続人は、財産に属した一切の権利義務を承継する」と
規定されています

これは、預貯金や土地などの財産だけでなく、借金を相続することを意味します。したがって、ご質問の借金については、原則として相続人が支払いをしなければなりません。

ただし、相続人には自らの意思で相続をしないことを選択するという自由が認められています。たとえば、亡くなられた方ののこされた財産(預貯金・土地など)が2000万円で、借金が3000万円だとすれば、相続をするとマイナスとなってしまいます。

このような場合には、相続放棄をすることにより、一切の権利義務の承継を免れることができるので、土地・預貯金を相続することはできなくなりますが、借金の支払いも免れることができます。

相続放棄の手続きは家庭裁判所に申述することによってします。期間は自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内と非常に短期間となっています。ただし、この期間は請求によって、家庭裁判所において伸長することができます。

また、相続放棄をすれば、次順位者が相続人となるので注意が必要です。例えば、質問のケースの場合、配偶者、子どもがすべて相続放棄すれば、亡くなられた方の尊属(父母または祖父母)が相続人となり、既に死亡している場合には、亡くなられた方の兄弟姉妹が相続人となります。相続人となることを希望しない場合には、別途に相続放棄の手続をしなければなりません。

その他に限定承認という制度があります。例えば、遺産として土地や預貯金のほか借金もあり、最終的にプラスとなるかマイナスとなるかわからないというときに、プラスの相続財産の範囲内で借金を清算し、もしプラスがあれば相続をすることができます。

制度としては合理的でありますが、相続の開始があったことを知った日から3か月以内に財産目録を作成して家庭裁判所に提出し、相続人全員で限定承認手続を行わなければならず手続が煩雑です。

相続人が多く、意見統一がはかれない場合には限定承認をすることが困難であるといえます。詳しくは司法書士へお問い合わせください。

相続放棄をしたら、被相続人が掛けていた生命保険金が
受け取れないのか?

結論から申し上げますと、場合によって異なります

保険金は、厳密には相続財産になる場合とならない場合があります。

生命保険の契約上、保険契約者が被相続人(亡くなった方)、受取人も被相続人本人になっている場合、生命保険金は相続財産ということになり、相続放棄をしたら生命保険金を受け取ることができません。

生命保険の契約上、受取人が法定相続人、もしくは約款で受取人が法定相続人になっている場合には、生命保険金は相続財産とはならず、相続放棄をしても生命保険金を受け取ることが可能です

保険の受取人は、それぞれの契約で定められていますので、その契約で指定されている人(=受取人)が受け取る権利を持っているのです。つまり、受取人に指定された人が相続放棄をしていても、生命保険金を受け取ることができるのです。

ですので、相続財産に該当しない場合は、相続放棄をしても保険金を受け取れます。一概に生命保険金といっても、相続財産となる場合と、相続財産にならない場合とがありますので、安易に判断できませんので注意が必要です。

相続放棄サポートについて(費用・流れ・書類)

お問合せ・ご相談はこちら

遺産相続について、ご不明点などございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

お気軽にご相談ください

  • 相続の手続き、何をそろえればいい?
  • 相続による土地や建物の名義変更手続き
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 土地や建物の贈与
  • 亡くなった祖父名義の土地、売却できる?
  • 借金が多いので相続を放棄したい
  • 遺言書って、公正証書遺言書?自筆の遺言書?
  • 会社役員が死亡したので登記手続きが必要
  • 大阪の事務所に行って、書類を見せながら相談したい
  • 相続登記をしたいが、相続人の一人が行方不明
  • 遺産分割をしたいが、協力しない相続人がいて話がまとまらない
  • 高齢の親が認知症になり、財産管理が必要
  • 親が亡くなり、遺言が見つかった
  • 相続に伴い、預金の解約手続きが必要

ささいな相談でも構いません。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間 : 9:00〜18:00 (大阪オフィス、土日祝日は除く)
※フォームからのお問合せは平日も土日祝も24時間受け付けています。

お問合せ・ご相談はこちら

non_036.jpg

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

大阪など関西地域の方のみ

0120-958-896

無料相談 受付中!
受付時間 : 9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

お問合せ・ご相談フォーム

事務所紹介

司法書士法人
渡辺総合事務所

代表者 : 渡邉 善忠

代表者プロフィール

大阪オフィス

TEL :06-6363-8180

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満
2丁目8-5西天満大治ビル6階
アクセス:大阪市役所から、北へ200M

京都オフィス

TEL : 075-463-9446

〒603-8336 京都市北区
大将軍一条町39番地
アクセス:府立体育館(島津アリーナ京都)北へ150M

事務所概要・アクセス

お問合せ・ご相談フォーム

全国相続協会相続支援センター