相続のことなら大阪府大阪市北区の『大阪相続支援室』へ。相続手続の専門家が相続登記 、遺産分割協議書作成、遺言書作成など相続の手続き全般をサポートします。

大阪の相続手続きの専門家

大阪相続支援室

運営:司法書士法人渡辺総合事務所、渡辺行政書士事務所
<大阪オフィス>〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5西天満大治ビル6階

受付時間

9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

相続の税金

相続税とは、個人が被相続人の財産を「相続」や「遺贈」によって取得した場合に、その取得した財産の価額を基に課税される税金のことです。「遺贈」と同じく「死因贈与」についても相続税法上、贈与税ではなく、相続税の対象となります。

そして、ある一定の額以上の財産がある人の場合には、相続税が課税されるわけです。

相続税の計算

相続税を計算するには、まず相続した財産にはどんなものがあり、それらはいくらに評価されるかを知ることが必要です。次に、実際にどのくらい相続税がかかるかを計算します。

相続税の算出は、

  • 課税価格の計算
  • 相続税総額の計算
  • 各人の相続税額の計算
  • 納付税額の計算

から成り立っています。

課税価格の算出手順

相続(遺贈)財産+みなし取得財産-非課税財産-債務控除+相続開始前3年以内の贈与財産

遺産にかかる基礎控除額

遺産にかかる基礎控除額とは、いわゆる課税最低限のことで、課税価格の合計額(遺産総額)のうち、これを超える部分に相続税が課税されます。

したがって、課税価格の合計額を求め、これが基礎控除以下であれば、相続税は一切かかりませんし、申告の必要性もありません

基礎控除の算定方法(平成27年1月1日新法施行)

遺産にかかる基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

相続人各人の相続税額は?

計算した相続税の総額を、相続人各人が取得した財産の課税価格で按分します。

相続税の2割加算とは

被相続人の配偶者や1親等の血族(父母や子供)以外の者が財産を取得した場合は、算出税額にその2割を加算するというものです。

孫養子の相続税の2割加算とは

以前は、相続対策として被相続人の孫を養子縁組し、法定相続人を増やすということが行われていました。平成15年の税制改正において、この2割加算の対象に、被相続人の養子となった被相続人の孫が追加されました。

相続税の税額控除について

相続税から差し引ける項目は、次の6種類あります。

  1. 贈与税控除額
  2. 配偶者の税額軽減
  3. 未成年者控除
  4. 障害者控除
  5. 相次相続控除
  6. 外国税額控除

配偶者の税額軽減

れが最も節税効果が大きいです。

配偶者の生活を保障するために、税額を軽減する処置が取られています。配偶者が取得した財産が法定相続分または1億6000万円までは、相続税はかかりません。

要件

この配偶者税額控除を受けるためには、婚姻届が出ている法律上の配偶者であること、相続税の申告期限までに、相続人・包括受遺者間で遺産分割が確定していること要件です!

相続時精算課税制度を使った贈与とは

これまでの贈与税は、相続税率よりも負担が重いのが特徴でした。

しかしながら、相続時精算課税制度が創設され、親から財産を取得する場合、その選択により、生前贈与によって財産を取得しても、相続によって財産を取得しても、税負担は変わらないようになりました。

この制度は、高齢者の財産を、次世代に円滑に移転させることが目的です。

相続時清算課税制度と住宅取得等資金の
非課税制度について

住宅購入資金として両親などから資金の贈与を受けた場合、従来から贈与税の特例制度として相続時精算課税制度がありましたが、平成21年度税制改正で新たに「住宅取得等資金の非課税制度」ができました。

この2つの制度はそれぞれ単独で使うことも、組み合わせて使うこともできるため特例適用の選択肢が広がりました。

お問合せ・ご相談はこちら

相続手続きについて、ご不明な点がございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

お気軽にご相談ください

  • 相続の手続き、何をそろえればいい?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 亡くなった祖父名義の土地、売却できる?
  • 借金が多いので相続を放棄したい
  • 遺言書って、公正証書遺言書?自筆の遺言書?
  • 事務所に行って、書類を見せながら相談したい

ささいな相談でも構いません。
あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間 : 9:00〜18:00 (土日祝日は除く)
※フォームからのお問合せは平日も土日祝も24時間受け付けています。

お問合せ・ご相談はこちら

non_036.jpg

お問合せはお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

大阪など関西地域の方のみ

0120-958-896

無料相談 受付中!
受付時間 : 9:00〜18:00
(土日祝日は除く)

お問合せ・ご相談フォーム

事務所紹介

司法書士法人
渡辺総合事務所

代表者 : 渡邉 善忠

代表者プロフィール

大阪オフィス

TEL :06-6363-8180

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満
2丁目8-5西天満大治ビル6階
アクセス:大阪市役所から、北へ200M

事務所概要・アクセス

お問合せ・ご相談フォーム

全国相続協会相続支援センター